マウスやキーボードで簡単にExcelの行全体や列全体を挿入する

どうもこんにちは、蝶捕銀糸です!
Excelでデータ入力していると、途中で行や列を追加したくなることがよくあります。
今日はExcelで簡単に行や列を挿入する方法を紹介します!






マウスを使って行や列を入力する方法

行や列の挿入は行全体や列全体を選択した後、「挿入」を行うことで簡単にできます。
まずは、マウスを使って簡単に挿入する方法です。

1.Sheetの枠線にある数字やアルファベットをクリックして、行全体・列全体を選択します。
  行を挿入する時は左に縦に並んでいる数字、列を挿入する時は上に横に並んでいるアルファベットクリックすれば行全体。列全体を選択できます。
2.右クリックを押してメニューを開き、「挿入」をクリックします。
これでOKです。

マウスを使わずにキーボード操作だけで行や列を挿入する方法

諸事情でマウスが使えない人、マウスを使いたくない人は、ショートカットキーを使うことでキーボード操作だけで行や列の挿入ができます。

1.矢印キーを使って行や列を挿入したいところを含むセルにカーソルを合わせます。
2.行を挿入したいときはShift+Spaceで、列を挿入したいときはCtrl+Spaceで行全体・列全体を選択します。
3.Ctrl+Shift++キーで行。列が挿入できます。

これも簡単に行や列が挿入できます。

まとめ

今回は行全体や列全体を挿入する方法として、マウスを使う方法、キーボードを使う方法の2通りを紹介しました。
あなたのPCスタイルに合わせてぜひ使いこなしてください!
それでは、よいPCライフを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました